なんか、別にあんな風に言わなければ良いのに、

自分の値打ち下げてるような、

まあ、言論の自由なんだけど、

なんか、見下しているような、

 

 

誰かが言ってたな、

記録は抜かれる為にあるって、

誰かがこの映画と、

対比させてたな、

 

 

「スケアクロ」

ジーン・ハックマンとアルパシーノ、

1973年の映画なのだが、

こんなやり取りがある。

 

 

「スケアクロ」案山子なのだが、

案山子は作物を狙う鳥を脅しているのでは無く、

ボロを着て変な顔をして、笑わせている。

なので、笑わせてくれる人の畑は襲わない、

 

確かに教訓的な内容なのだが、

どんな境遇で、どう言う怒りが、

あったとしても、

笑いを忘れてはいけないと言う事だ。

 

 

偉大なる記録も、

それに伴う人格が、

あればこそだと、

私は思う!

 

 

まあ、当の本人は武士道を、

貫くだけだろう、

何故なら彼は、

日本人なのだから・・・

 

 

ハンクアーロン氏は、王貞治氏に対し、

メディアが球場の狭さ、レベルの低さ等を引き合いに出したが、

氏自身は心から祝福し、フラミンゴの剥製を送った。

彼も又、記録と共に差別と戦った一人だ・・・

 

 

 

行け!「イチロー」どこまでも!


ブルーハーツTRAIN-TRAIN

 

 ↓ 読んだらクリックお願いします!

 にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村