f:id:marverickjp:20170710154400j:plain

「麻ひもダイエット」ってご存じでしたか。一体、どんなものかなと思うかも知れませんね。実は、簡単な割に効果があるんです。

麻ひもダイエットってどんなもの?

麻ひもでダイエットってどうやるのか見当がつかない人も多いでしょうね。実は、文字通り、麻ひもを体に巻くだけなんです。

具体的に説明しますね。

まず、麻ひもを用意します。百均でも売ってますね。

お腹をかるくへこませて、おへその高さで、お腹のまわりにグルッと麻ひもを一周させてきつく結びます。

やることはこれだけです。

お肌が敏感で、麻ひもはチクチクして我慢できないとかかぶれるという人は、ビニールひもやゴムひも、毛糸などを使いましょう。

ひもを巻いた後は、お腹をへこますことを意識しながら、普通に生活します。

最初は数十分から数時間巻いておくことから初めて、徐々に巻いておく時間を延ばしていきます。

お風呂に入るときは外して、お風呂から上がったら新しいひもを結びましょう。

また、お腹をへこますことを意識し続けることで効果が出るので、寝ている間にひもを巻いておくことはありません。

きつく結ぶとほどくのが大変なので、ひもは百均などで安く買っておいて、その都度、ほどかずに、はさみなどで切って使い捨てにするのが良いでしょう。

 麻ひもダイエットの効果

お腹の引き締め

麻ひもがチクチクとお腹に食い込むので、お腹をへこましておくことに意識的になります。そして、インナーマッスルが鍛えられて、お腹周りが引き締められます。

姿勢の矯正

インナーマッスルが鍛えられて、体幹がしっかりしてくると、自然に姿勢が良くなってきます。

そして、猫背も治り、血行も良くなってきます。

過食の防止

お腹に麻ひもを巻いたまま、好きなだけ食事をすると、麻ひもが食い込んで痛いので、おのずと食べ過ぎないように自制するようになります。

麻ひもダイエット上級編

海に行って水着を着るのですぐにやせたいときなどは、思い切りお腹をへこませてから、麻ひもを巻いてみてください。

これは、あくまでも緊急用なので、長くは続けないでくださいね。

 

麻ひもダイエットに慣れてきたら、麻ひもを巻いた状態でエクササイズをしてみましょう。

・いつものように軽くお腹をへこませて麻ひもを巻きます。

・床にヒジとヒザをつけて四つん這いになります。

・そのまま、お腹にグッと力を入れて、お腹を思い切りへこませます。肩の力は抜いておきます。麻ひもがたるんで垂れ下がった状態になります。

・そのままの姿勢を20秒保ちます。

 

このエクササイズを、一日に3回繰り返します。エクササイズの途中、息は止めたりせずに普通に呼吸を続けるのがコツです。

これだけでも、最初のうちは結構きついでしょうが、慣れてきたら、ヒザを曲げずに足を伸ばしてやってみましょう。

それにも慣れてきたら、ヒザを直角に曲げて、足首を上に向かって持ち上げる感じでやってみます。